店舗デザインとは基本とポイントについて

地道な店舗デザイン

株式会社エイケー店舗デザイン・店舗設計なら店舗デザイン.COM

一方のイメージの方向性というのは、カテゴリの中でそのお店らしさを出す個性のことです。
個性が先行すると店舗デザインはカテゴリの枠を外れてしまったり、奇抜さが増すこともありますから、カテゴリを決めて方向性を決める順番が正解となります。
イメージはお店のブランドに直結しますから、視覚的にどのような印象を受けるか、どういった感情が想起されるかなどを考えながら決めることが大事です。
このイメージが定まらなかったり方向性にブレがあると、望まないブランドイメージが確立してしまうことになり得ます。
イメージの方向性を決める方法はいくつかありますが、例えば色を選んで組み合わせたり、使い勝手を重視した内装デザインにするなどが挙げられます。
いずれにしても、お客さんの目線で内装や設備の選定、レイアウトを決めたり、利用しやすくすることも重要です。
いわゆる導線が考えられていないと、混雑した時にお客さん同士が接触してしまったり、飲食店だとスタッフによる配膳がやりにくく非効率になるので注意です。
店舗デザインはこのように、見た目に加えて機能も考えたり追求するものですから、本当に考え抜かれているデザインの店舗は機能美を感じさせます。
追求する上でポイントになるのは、近くだけでなく遠くから見たり、角度を変えてお店を観察しながらあれこれと想像してみることです。
店舗デザインというと、線を引いて色をつけるイメージですが、実際には遠近や時間帯による見え方の違いを考慮したり、様々なパターンを試作して比較するものです。
しかも、描いては消してを繰り返しながら磨きを掛けて、完成度を少しずつ高めていく地道な作業が続きます。

店舗デザインの重要性地道な店舗デザイン一括見積もりの利便性「